イタヤ狐が「マツコの知らない世界」に!

window.twttr = (function(d, s, id) { var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0], t = window.twttr || {}; if (d.getElementById(id)) return t; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "https://platform.twitter.com/widgets.js"; fjs.paren…

スズメバチの巣を駆除しました

軒下にトックリ型のハチの巣ができていることに一昨日気づいてびっくり。 その形状からして、一昨年助けたトックリバチの巣だと早合点して大はしゃぎしましたw(トックリバチを助けた - Cask Strength)。でも、結果的には、スズメバチの巣だったのですよね…

陽春

陽春の庭の草木の様子を撮影したよー。 ホトトギスが訪れるのを待ち続けている卯の花。 昨年地植えしたお茶の木。若々しい新芽が出てきた。煎茶にできるかな?! カラスノエンドウ。毎年大量に生えるので、いつか若さやを食べてみたい。 大雪の被害を受けた…

2週間断酒しました

日付を見よ。今日は4月1日じゃないぜ。 肝機能を示す代表的な「γ―GTP」という数値は、禁酒して2週間もすればかなり改善するという。 https://www.nikkei.com/article/DGXDZO50689510X10C13A1EL1P02/ というわけで、さすがに2年連続でγ-GTPが3桁というの…

草薙剣

みなさまご存じのヤマトタケルによる東国征伐において、野火に囲まれて絶体絶命の危機に陥ったところを剣によって周囲の草を薙ぎ払って難を逃れるという有名な話があります。地名「焼津」の起源譚ともなっていますね。 この場面、多くの方はこういったイメー…

春の息吹

庭の草木が芽吹いてきたよ! あの日から7年。自然界は時に予想外の災難をもたらすけれども、しかし、季節はいつも正しく循環している。自然界は二つの別の顔を持っている。 シモツケが無事に根付いたようでとても嬉しい!楽しみ!(しもつけの花にまつわる説…

「昔質問したことですが」

とある文章を読んでいて気になったので。 古典を読んでいて「昔」と出てきたときに常に「むかーしむかし、あるところに・・・」のような語感で捉えているととんでもない誤解をすることがあるので注意が必要です。遠近にかかわらず過去のことであれば「昔」と…

過目抄ブックマーク数11000突破記念(3)

過目抄ブックマーク数11000突破記念(1) - Cask Strength 過目抄ブックマーク数11000突破記念(2) - Cask Strength 最後は「これはもっと世間に知られていい」ネタ。まだ1〜3users程度しかブクマされていないものから厳選してお届けします。 window.twttr = (f…

過目抄ブックマーク数11000突破記念(2)

過目抄ブックマーク数11000突破記念(1) - Cask Strength (2)はツイートを通じてのクリック数ランキング・トップ10です。1位は現時点で、なんと、過目抄史上最多1940clicks(「行間には直筆のメモ 康熙帝が学んだ数学書『原論』満州文字版を公開」)でした。…

過目抄ブックマーク数11000突破記念(1)

ブクマの総計が11,000を突破しましたー。記念すべき10,000を突破したのが昨年6月14日(過目抄ブックマーク数10000突破記念(1) - Cask Strength)。ブックマークのペースが落ちたのは多忙を極めたからです・・・ともあれこれからも引き続きよろしくお願いいた…

寒花五出開

本日は大寒ですが、庭の梅は春を待ちきれなかったようで。 窓外一株梅 寒花五出開 (初唐・楊炯「梅花落」) ・・・おや、しかしよく見ると、この子、六弁の梅でしたね!

はてなブログについて

いつもツイートを一日単位でまとめているCask Strength / HanShotFirst_jpについて、冒頭にも断っている通り、本日より古いツイートから新しいツイートに排列するようにしました。昨日までの、新しいツイート→古いツイート、とは逆の仕様です。よくよく考え…

謹賀新年

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 わんダフルな一年になりますように。 なお、今年の目標は「まず『現実的な』目標を立てる」、ですw

For Unto Us A Child Is Born

Wish you a merry Christmas and happy holidays! 毎年私の好きなクリスマスソングをお届けしています。 ヘンデルのメサイアはすでに2014年に紹介しているのですが(Messiah - Cask Strength)、残念ながら動画は削除されてしまったようです・・・。そこで、…

復は、亨る。出入疾なし。朋来りて咎なし。往くところあるに利あり。

冬の真っ盛りですが、冬至から一日経ち、着実に春に向かってみな歩みだしている。 復、亨。出入无疾。朋来无咎。反復其道、七日来復。利有攸往。 (『周易』復) その一方でまだ秋の風情が残っているところも!

柿の精(2)

(成熟した柿太郎! - Cask Strengthを受けて。なお、(1)は柿の精 - Cask Strength) ? 「ご主人、ご主人、起きてください」 オレ 「・・・む・・あ、君は!」 ? 「覚えていらっしゃいましたか・・!」 オレ 「柿太郎!久しぶりだね!」 柿太郎「夢のなか…

成熟した柿太郎!

拙ブログを定期的に御覧になっている方々にはすっかりおなじみの柿太郎。昨年初めて結実したときは感激しましたが(柿六年 - Cask Strength)、残念ながら熟す前に落果してしまいました(柿太郎の実・続々報 - Cask Strength)。 しかし!今年は、遂に、一個…

本棚メモ

またまたご無沙汰してしまった「本棚メモ」です。本来であれば今回はイの一番に『新字源』(改訂新版)を挙げるはずなのですが、TL上のツイートを目にしてペンディング状態に・・・w六朝言語思想史研究作者: 和久希出版社/メーカー: 汲古書院発売日: 2017/0…

「競争から共送へ」

以前も書きましたが(封筒型クリアフォルダ - Cask Strength、語学教師にとっての秋の風物詩 - Cask Strength)、この季節、外国語科目を担当する教員のもとには教科書の見本がどさっと送られてきます。 もう来年度のことを考えなければならないのか・・・と…

「我は信ぜず」とよめとでも?

フォロワーさんの引用RTで見かけたのですが・・・ window.twttr = (function(d, s, id) { var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0], t = window.twttr || {}; if (d.getElementById(id)) return t; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "http…

本棚メモ

2017年度に入ってから当社比数倍の忙しさになり、本棚に入れたい新刊書リストの更新を怠ってきましたが、新刊をチェックしないのは自分のためにもならないので、新学期開始も近いですし、再開します。これからは本棚に「飾る」だけでなく、なるべく「読む」…

ショウリョウバッタ(精霊バッタ)

結構大きいショウリョウバッタがいたよー。 材木の上で一休み。 名前の由来を調べたところ、『日本国語大辞典』は「精霊(しょうりょう)の名は、盆のころに墓地でよく見られるところからという」(ただし、語源説欄にはこの説は見られず、『言元梯』の「セ…

「毛を茹(し)く」

いつも楽しく拝読しているなぶんけんブログ。「茹でる」のナゾ - なぶんけんブログもおもしろかったです。 儒家経典の『礼記』では「飲其血、茹其毛=まだ火を使えない頃の人類が肉を生で食べる様子」というかなり血なまぐさいイメージで使われています。 こ…

ニオイバンマツリ

近所のインドカレー屋さんに行く途中のマンションの植え込みに生えていたよ! 近づくと芳香がふわーっと漂いました。源平桃のように紫の花と白い花が咲き分かれているのではなく、花は咲き始め濃い紫色で、次に薄い紫色、最後は白色になるとのこと(ニオイバ…

ミョウガが出てきたよ

庭に植えたミョウガの可食部が地表に姿を現わしたよ! ああ、はやくこの子たちを収穫して、大葉とともに冷や奴の上にどっさり乗せて、ビールか冷酒とともにガーっと食いたい。 ところで、ミョウガとショウガの違いについて、『傍廂』が珍説を唱えていたので…

Caskは13歳!もう中学生です!

(昨年)Caskが12歳の誕生日を迎えました - Cask Strength Caskも中学生、というか、よく考えたら中学2年生ですよね・・!うーむ、ここまで来たら、少なくとも義務教育が終わるまではCaskを書き続けなくては!(←なぜ) さて、2016/2017シーズンの総集編です…

初めての普通列車グリーン車(快適!)

今日は公務でちょっとした遠出でした。目的地は電車で1時間45分ほどの距離・・・。この路線は昨年まで週に一回通勤に利用していたので、ここのラッシュアワーの過酷さは身に染みていました。仕事をする前から疲れ切ってしまわないかと心配していたのですが、…

モノが動かなくなる日

船や飛行機を女性の三人称で呼び、車や機器にヒトのように名前を与えて、普段と挙動が異なるときは、どうしたんだお前調子悪いのか?と撫でつついたわり、オレらが切羽詰まっているときは少しイライラしながらも、がんばれ頼むよと励まし、それでもいよいよ…

「下紐につけたる草は名のみして・・・」の、下紐につけた草の正体

下紐につけたる草は名のみして心に離れぬ人の面影 (『為相卿百首』、下紐につけた草は名ばかりで、私の心から離れない人の面影よ) この「下紐につけたる草」とは何か、答えよ。(配点10点) こういうのは、大学4年生とか大学院修士課程に入ったばかりの院…

七夕伝説は奈良時代以前に伝わっている(たぶん)

やあやあ、今日はちょっと歯切れが悪いよ! 【越山若水】七夕伝説は奈良時代に中国から伝わった。 http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/213532 いや、もっと早くから伝わっている(はず)。 『万葉集』巻10の1996歌以下に七夕歌がまとめられていて、20…